ワーキングホリデー費用の詳細お伝えします!

海外に長期滞在可能なワーキングホリデー。現地で働くことも可能ですが、費用はそれなりにかかるので要注意!

長期間海外に滞在し、働きながら語学を学び、さらに現地の文化や生活に直に触れる…、「ワーキングホリデー」ならそんな事が可能です。

現在日本とワーキングホリデーの協定を結んでいるのは、ニュージーランド、フランス、オーストラリア、カナダ、韓国、ドイツ、アイルランド、イギリス、デンマーク、香港、台湾、以上11の国々です。

最長で一年間(一部の国では二年間)その国に滞在し、働きながら現地の生活を楽しめるワーキングホリデーは、長期で海外滞在する方法として大変な人気です。

参加するには語学の基準はありません。

年齢制限や諸条件さえクリアーしていれば誰でも参加が可能です。

普通の旅行と異なり、現地で仕事をすることができるので、滞在費用を現地で賄うことも可能なのがワーキングホリデーの魅力ですね。

とは言え、長期の海外滞在になりますので、費用はそれなりの金額になってしまいます。

渡航前にはどの程度の費用がかかるのか、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

http://www.communication-tracker.com/】には、ワーキングホリデーの費用について役立つ情報が満載です。

Comments are closed.